霊柩車の見送り

葬儀の正しいお別れ方法

霊柩車の見送り

霊柩車の見送り 葬儀の最後に行われる、火葬場へ向かうため遺体を棺に納め霊柩車に乗せ運ぶ出棺ですが、その際にもいくつか気をつけるべき点が存在します。

基本的に火葬まで同行する人以外には、ここが故人との最後のお別れの場です。
葬儀会場の場合霊柩車は屋外に停車しています。したがって、冬の寒い時期などは出発までコートや手袋等の防寒具を身に付けることは失礼になりません。
しかし、出発時にはそれらを外して見送るように注意しましょう。

また、この時とる行動として特別正式な決まりはありませんが、礼拝や手を合わせることが一般的です。
ですが、宗教上それらの行為を取ることができない場合は、宗教に合わせたやり方を行うのがよいでしょう。
中には敬礼等、故人の職業に結びつきのある方法で送り出すこともあります。

そして大事な注意点は、霊柩車が完全に見えなくなるまで見届けるところです。
出発してすぐに動き出したり会話をしたりせず、文字通りしっかりと最後まで見送ることがポイントです。

葬儀で故人の見送りを済ませた後は?

葬儀で故人の見送りを済ませた後は? 葬儀に参列するなど出来ることならない方が幸せだとは思うことですが、誰か亡くなってしまいやむなく葬儀に参列したとします。その時告別式が終わって故人を見送った後は、どうする事が故人への供養になると思いますか。葬儀が終わった直後等故人への思いが強く悲しみがあって食事をする気にもならないかもしれませんが、見送りの後には皆で集まり酒を飲みご飯を食べるのが故人への礼儀であり供養となります。皆で集まって食事をしている時に故人の昔話でも語りながら酒を飲み交わしましょう。

そうする方が亡くなった方も自分の話を思い出してくれていることを喜んで、その様子を見届けながら天国へと旅立って行くのでしょう。しんみりしていると返って故人が浮かばれません。気持ちを切り替えて、前向きに捉えて、故人を供養するために楽しかった思い出を語り合いましょう。嫌いな相手だったとしても本当に最後の別れなのだからしっかりと見送りをすることが葬儀に参列した人の義務です。

新着情報

◎2018/10/31

葬儀業界の実情
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

霊柩車の見送り
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

ペースメーカーの処理
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬儀 霊柩車 」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Chai1203他1人 東海テレビ様の昼ドラですか? 東海テレビ様の作品は、ナンデヤネンΣ(゚Д゚ノ)ノというツッコミ満載過ぎる展開お好みですもん(´ー∀ー`) 赤い霊柩車なら、明子はんの葬儀スタートのいつの間にか生き返って、春彦さんとの子供がいて、その春彦さんが死にかけww

赤い霊柩車はもうあれは事件内容の面白さはどうでもいいね。石原葬儀社のみんなと先生がそろっていたら。

よく引っ付けて帰ってくるから基本的に葬儀場も霊柩車も近づきたくないわ…棺桶とかなんつーか死人を冒涜するように思えて無理すぎ…100%連れてくる…

喪主 「これですか、新しい省エネ霊柩車というのは」 葬儀屋「はい。さようでございます」 喪主 「どこがいままでと違うんです?」 葬儀屋「はい。ホトケさまを焼きながら、そのエネルギーで走るんです」

Twitterブラックジョークbot@blackjoke_bot

返信 リツイート 11/19(月) 10:05

返信先:@Chai1203他2人 あのシリーズは、誰かの葬儀から始まるじゃないですか(≧з≦) 葬儀がない赤い霊柩車は始まらない!

赤い霊柩車シリーズを地味に楽しみにしているファンの1人はわし 紅葉先生演じる色気より食い気の石原葬儀社のマスコット的存在よしえはん 専務で1級葬祭ディレクター(本人強調)の秋山はんとの掛け合いは秀逸 社長のあっこはん(なぎさ氏)に優しく見守られる石原葬儀社に就職したいと常々言っております pic.twitter.com/sC3GL8eE6D

返信先:@181835987154 葬儀社ネタなのに、赤い霊柩車のレギュラーはみんなご健在なのが凄い。 今回ゲストの江波杏子さんはお亡くなりになったけど

返信先:@kanaya2mei (*´・д`)-д-)))ソゥソゥ 赤い霊柩車は、石原葬儀社の番組(*´▽`*)

Twitterアニメ好き⸜(*ˊᗜˋ*)⸝LOVEさん@HkMk1714

返信 リツイート 11/18(日) 17:56

赤い霊柩車が役者さんが60代と50代になるくらい長い間婚約続いてる。いい加減別居の遠距離でいいから結婚してほしい。跡継ぎうんぬん言ってる葬儀屋なのに次代いない。

【心づけの金額】 葬儀社の係員には、一つの葬儀について、八千五百円より(葬儀料に応じて)。火葬場の火夫には二千円から六千円、休憩場(茶所)の係りには千円、霊柩車の運転手には、二千円から五千円、それから火葬場付きのお坊さんには二千円ほどお渡しします。