葬儀に関する情報が満載!

葬儀の正しいお別れ方法

葬儀時の「別れ花」はどんなものを用意すべき?

葬儀時の「別れ花」はどんなものを用意すべき? 別れ花は納棺あるいは出棺時に死者に手向ける花で、棺の蓋を開け葬儀に供えられた花をご遺体の周辺に飾っていきます。
故人との最後の思い出を作れる場でもあり大切なものとなります。
最近では生花祭壇が一般的で、故人が生前に好きだった花を豊富に用いたお葬式が多く行われています。
生花祭壇を使ったお葬式でのお別れ花は、葬儀社のスタッフが祭壇や供花として供えられたお花を使い、遺族にスタッフから「お別れ花として使用していいですか?」と確認が入ります。
そのためお葬式が終わってから生花を持ち帰ろうと考えている場合にも安心で、故人の好んでいた花をお葬式で使ったので棺に収めることが出来れば故人も喜びます。
故人との思い入れがある花や好きな花を選びますが、火葬後に残ってしまうような不燃物は控えるようにして、 たくさん入れずに選りすぐって入れるようにします。
残りの花は持ち帰りお仏壇にお供えすると良いです。
スタッフはその場で花を切って対応してくれますので聞いてみましょう。

葬儀で故人の愛用品を一緒に燃やしたいならココに注意

葬儀で故人の愛用品を一緒に燃やしたいならココに注意 お世話になった方が亡くなり、葬儀でいざお別れの瞬間というのは切なくて辛いものですが、新たな世界へ旅立てるように祈りを捧げたいものです。
そんな故人が生前に愛用品は出来る事なら天国に一緒に持っていってもらいたいと思うのが人情ですが、現実的には火葬の都合上、そういう訳にもいきません。
昔は六文銭は本物の金属を使用していたものですが、現在は紙に印刷されたものを使用しているのがそれを物語っています。
葬儀の際に棺桶に一緒に入れられないものの代表例としては金属類が挙げられます。
これは火葬した後も燃やせないからで、前述の六文銭や生前愛用していた時計などの貴金属類は全て断られます。
他に燃やした際に異臭を発するものもNGです。
例えば杖には先の部分に滑り止めのゴムが使用されていて、ゴムは異臭を発するためNGの場合が多いです。
但し外して木の部分だけにすれば問題ありませんので予め葬儀の関係者に確認しながら用意するのが無難です。

新着情報

◎2018/6/20

霊柩車の見送り
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

ペースメーカーの処理
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬儀 花」
に関連するツイート
Twitter

怖い言葉 シロツメクサ=復讐 クロユリ=呪い スイレン=滅亡 イトスギ=哀悼 オトギリソウ=恨み キヅタ=死んでも離れない オモト=葬儀 スノードロップ=あなたの死を望みます ベラドンナ=男への死の贈り物 アネモネ=薄れゆく希望

Twitter雑学・トリビア・無駄知識@zatu_muda_tori

返信 リツイート 22分前

大阪での家族葬 市民火葬料金・式場料。葬儀に必要な物品・おの祭壇すべて含めて388,000円で行える家族葬 ご相談は24時間☎0120‐449‐040へ oosaka-kazokusougi.jimdo.com #sougi 家族葬

Twitter株式会社Sincerity宝城@yoshitaka4242

返信 リツイート 12:46

今日はお仕事になってしまってやっとお昼! 午前中は葬儀で午後は祭壇の手伝い。 忙しい💦 頭がザワザワするー

葬儀のおの連絡やら何やらしてるんだけど、なんか既視感?があって朝からもやっととしてて。今、これ夢で見たやつだ!と気付いてホワ〜〜ってなってる。。予知夢?メッセージ?なんだろう。

RT @yoshitaka4242: 大阪での家族葬 市民火葬料金・式場料。葬儀に必要な物品・おの祭壇すべて含めて388,000円で行える家族葬 ご相談は24時間☎0120‐449‐040へ oosaka-kazokusougi.jimdo.com #sougi 家族葬

Twitter株式会社Sincerity宝城@yoshitaka4242

返信 リツイート 7:17

(定期) けいおん!! 黒執事 化物語 日常 妖狐×僕SS 暗殺教室 葬儀屋リドル 番狗 あの日見たの名前を僕たちはまだ知 らない

Twitterニア@かぜっぴき@niaaaaaaaa_5

返信 リツイート 6:36

百合の飾って匂い楽しんでたら 部屋に来た某明に 「この部屋、葬式の匂いがする☺️☺️」 って言われたんだけど???😉😉 私の部屋葬儀場だったらしい😘

思い返してみると坊さんもいないしお経無し戒名無し。お焼香して手を合わせ深く故人を偲ぶ、それで充分だよね。遺骨は樹木の元に散骨してもらうらしい。 それって母がいつも望んでる葬儀そのものでとても感動していた。 みんなで折り紙にメッセージを書き鶴を折っておと共に入れたりしたよ。

みんなが同じものを 作れるわけじゃないし にもそれぞれ個性があり 色んな顔があります。 誰が作っても批判できない それはきっと その人の心なんだから、、 その作品は何を物語っているのか それを感じれる 素直な目と心でありたい。 葬儀の仕事の時に 生けた(左 # # #つぶやき pic.twitter.com/Cz9BNtp590