葬儀に関する情報が満載!

葬儀の正しいお別れ方法

葬儀が終わると祭壇から棺をおろして遺族や親族は故人と最期のお別れをしますが、焼香が終わればそのまま退出することも出棺まで立ち会うこともできます。
祭壇に飾られた生花を故人の周りに飾るように皆で柩に入れますがこれを「お別れ花」と言います。
自分で入れたい花も入れられますがその際は華美な包装にならないようにしましょう。
この時お花と一緒に故人の愛用品(燃えやすいもの)なども柩に入れお別れが終わったら柩のふたを閉じて出棺の後火葬場へお連れします。

葬儀の出棺について

葬儀の出棺について 葬儀後は棺は重量があるので近親者や葬儀社担当者数人で霊柩車まで運びますが、基本的に喪主や遺族は棺を運ばないようになっています。
また運び出す時も車に乗せる時も、どちらも足が先に来るようにしますが、これは故人が家に帰らないようにするためです。
そして霊柩車には喪主か遺族1~2名が同乗し、長いクラクションとともに火葬場へ出発、遺族・近親者も霊柩車の後をついて火葬場に向かいます。
これが出棺です。
出棺の際は喪主が位牌を、喪主の次に近い親族が遺影を持つのが一般的で、一般参列者は合掌してお見送りします。
出棺して祭壇を片づけた後は火葬場から戻ってくる人たちのためにお清めの塩や水が用意されます。
火葬が終わるまでの間は軽食や会食が行われます。

葬儀の中の難しいポイント、納棺の流れ

葬儀の中の難しいポイント、納棺の流れ 亡くなった人の遺体は、通夜がはじまるまでの期間は枕飾り程度の祭壇を霊前に供えて自宅に安置しておくのが普通ですが、その後は葬儀の準備として納棺を済ませておく必要があります。
その流れですが、まずは葬儀社のスタッフが遺体をきれいに整えて化粧や装束をほどこした後、菩提寺から僧侶を呼んで枕経とよばれる簡単なお経を上げてもらいます。
そして僧侶が立ち会いのもと、亡くなった人の近親者が遺体を棺に移して最後のお別れをします。
自宅葬の場合はそのままですが、セレモニーホールなど葬儀の式場を自宅とは別に用意している場合には、ここから寝台車などで式場まで移送することになります。
ここで注意しなければならないのは、一連の準備には時間がかかりますので、通夜がはじまる時刻を見据えてある、程度の余裕をもって行うことが必要な点です。
また納棺に立ち会うのは基本的には家族や親戚などの近親者ですが、それ以外の人が参列してよいのかどうかも難しい問題といえます。
特に遺族から拒絶の申し出がなく、亡くなった人とはある程度親しい間柄であれば可能というのが一般的な解釈です。
また納棺にあたって故人が愛用していた品々を入れることがありますが、これも金属類など火葬の際に不適切とされているものは除かなければならないことにも気を付ける必要があります。

葬儀関連リンク

東京都の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

東京都対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

新着情報

◎2018/6/20

霊柩車の見送り
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

ペースメーカーの処理
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬儀 棺」
に関連するツイート
Twitter

空気が読めない人の例は多々あるけど「ビートたけしの母の葬儀にピンクのスーツで参列して桶の遺体の写真を無断で何枚も撮影しまくり、激昂したたけしに追い出されてる間も笑い続けて撮影し、後日その写真をテレホンカードにして送ってきた林家ペー&パー子」を超える無敵超人がいたら教えて下さい。

の蓋は、喪主から始めて、故人と血の繋がりの濃い者の順に、遺族、親族、知人が遺体の頭の方から、釘を小石で、一、二回打ちます。最後に、葬儀社の人が完全に打ちつけて出となります。は、室内から玄関までを遺族が運び、玄関から霊柩車までを、手伝いの人が運ぶこともあります。

練習しないあるいは出来ない合奏を葬儀というフレームで縛るなら音はその額縁の中から立ち上がる桶のかたちをしたホログラムになるだろうか。

返信先:@yukimarunisiki ムリでした無事にしにましたありがとうございます!!! 葬儀が執り行われた人ならに入ってるでしょうし純粋にお葬式という感じかと✝どんな人だったのかなとかポツポツお喋りしそうですよね☺ 眼鏡もプラスとかこれいつかのアッシュ先生では///映画きっと三部作ですよねまたお墓増えちゃう…///

保険でお金の面はなんとかなるとして、そもそも大事な作品傷物にしないよう気をつけないといけないよね(婆ちゃん家の貴重な水墨画を葬儀屋に桶の蓋で穴開けられたことあるけど、弁償できないからって20万しか補填されんかった)

貴方は笑うかもしれないけれど、僕はいつだって祈りの限界線を曲芸師のように綱渡りしている。右には無毒の腐った泥沼、左には有毒の澄みきった湖、その境目の細い小道は唯一の赦された領域。群生する百合は未完の葬儀の象徴。立に埋葬された僕は南風を待ち続けて今日も綱を渡って行く。

Twitter終着の心象風景bot@yuripoem

返信 リツイート 8:49

駆け落ちさにわさんは、さにわさんが鬼籍に入ったら、神域を出てさにわさんの力で人型保ってた宗三も顕現が解けて、刀の姿で一緒に眠ることになる。 葬儀が済んで、いざ荼毘にふすとき、さっきまでいたはずの「お孫さん」の姿が消えて、の上に刀が一振り。な感じだろうな。

Twitterななせ@11/24紅一点@webcorsage

返信 リツイート 6:28

叔父の葬儀で出前に知らない爺ちゃんたちが泣きながらに旭日旗をかけた。色々と世話になっていたが、その時初めて海軍に居た事を知った。軍隊の話なんて何も言わなかったから。

「一晩でも彼女が生き返ると言うのならいくらでも掛けましょう。私の売れる範囲の臓器ならばそれを売ったって良い。」「クローンを作るのを考えた事もあった。葬儀中に“このから連れ出せば作れるのではないか”と。…今でも稀にそうすれば良かったと思う程に。でも、それはイザベラなんかじゃない。」

Twitter名×🥔🍵🔬◎@noth_774

返信 リツイート 1:27

空気が読めない人の例は多々あるけど「ビートたけしの母の葬儀にピンクのスーツで参列して桶の遺体の写真を無断で何枚も撮影しまくり、激昂したたけしに追い出されてる間も笑い続けて撮影し、後日その写真をテレホンカードにして送ってきた林家ペー&パー子」を超える無敵超人がいたら教えて下さい。

Twitter面白つぶやき100連発_bot@byond4

返信 リツイート 0:48