葬儀に関する情報が満載!

葬儀の正しいお別れ方法

葬儀が終わると祭壇から棺をおろして遺族や親族は故人と最期のお別れをしますが、焼香が終わればそのまま退出することも出棺まで立ち会うこともできます。
祭壇に飾られた生花を故人の周りに飾るように皆で柩に入れますがこれを「お別れ花」と言います。
自分で入れたい花も入れられますがその際は華美な包装にならないようにしましょう。
この時お花と一緒に故人の愛用品(燃えやすいもの)なども柩に入れお別れが終わったら柩のふたを閉じて出棺の後火葬場へお連れします。

葬儀の出棺について

葬儀の出棺について 葬儀後は棺は重量があるので近親者や葬儀社担当者数人で霊柩車まで運びますが、基本的に喪主や遺族は棺を運ばないようになっています。
また運び出す時も車に乗せる時も、どちらも足が先に来るようにしますが、これは故人が家に帰らないようにするためです。
そして霊柩車には喪主か遺族1~2名が同乗し、長いクラクションとともに火葬場へ出発、遺族・近親者も霊柩車の後をついて火葬場に向かいます。
これが出棺です。
出棺の際は喪主が位牌を、喪主の次に近い親族が遺影を持つのが一般的で、一般参列者は合掌してお見送りします。
出棺して祭壇を片づけた後は火葬場から戻ってくる人たちのためにお清めの塩や水が用意されます。
火葬が終わるまでの間は軽食や会食が行われます。

葬儀の中の難しいポイント、納棺の流れ

葬儀の中の難しいポイント、納棺の流れ 亡くなった人の遺体は、通夜がはじまるまでの期間は枕飾り程度の祭壇を霊前に供えて自宅に安置しておくのが普通ですが、その後は葬儀の準備として納棺を済ませておく必要があります。
その流れですが、まずは葬儀社のスタッフが遺体をきれいに整えて化粧や装束をほどこした後、菩提寺から僧侶を呼んで枕経とよばれる簡単なお経を上げてもらいます。
そして僧侶が立ち会いのもと、亡くなった人の近親者が遺体を棺に移して最後のお別れをします。
自宅葬の場合はそのままですが、セレモニーホールなど葬儀の式場を自宅とは別に用意している場合には、ここから寝台車などで式場まで移送することになります。
ここで注意しなければならないのは、一連の準備には時間がかかりますので、通夜がはじまる時刻を見据えてある、程度の余裕をもって行うことが必要な点です。
また納棺に立ち会うのは基本的には家族や親戚などの近親者ですが、それ以外の人が参列してよいのかどうかも難しい問題といえます。
特に遺族から拒絶の申し出がなく、亡くなった人とはある程度親しい間柄であれば可能というのが一般的な解釈です。
また納棺にあたって故人が愛用していた品々を入れることがありますが、これも金属類など火葬の際に不適切とされているものは除かなければならないことにも気を付ける必要があります。

葬儀関連リンク

東京都の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

東京都対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

新着情報

◎2018/6/20

霊柩車の見送り
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

ペースメーカーの処理
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬儀 棺」
に関連するツイート
Twitter

「肉体が朽ちる時迄は待ちますよ。主さんの魂は僕がお嫁さんにするのでその時が来たら安心して目を瞑って下さいね」 という前提がある夢女なので死ぬ一ヶ月前とか「に入る時は白無垢とドレスどっちがいいですか」と葬儀の話を結婚式として枕元でうっとり語る堀川くんしか見えない(シリアスとは>RT

返信先:@miyoshitakeaki 三男は桶を漬け物樽にして、葬儀時間嘘ついて引き出物けちるって親父さんのご機嫌取るという親孝行という。 すみませんね、落語好きだからついつい熱が入っちゃって

Twitter山のあなたの空遠く@edxe2rvXFPuqI0y

返信 リツイート 13:16

RT @backy78: #レッドパージ #日大紛争 昭和43年10月2日、青山葬儀所。当時、警視庁外事1課長だった元内閣安全保障室長の佐々淳行さんは、喪章をつけたまま、うつむくしかなった。の近くには6歳と4歳になる2人の遺児が、事態を飲み込めずに無邪気な表情で座り、その横…

返信先:@yutokiresu コピー用紙の箱を上下に重ねて両親がとりあえず作ってくれた箱に布を重ねています。⇧ でも葬儀屋さんで良いペット用桶、売ってくれますので、うちは葬儀屋さんまで取りに行く時間がなくて💦 急遽でしたのでご参考までです。 pic.twitter.com/dPDffTPaVg

Twitterじょじょ(コーギー)@jyojyo12sai

返信 リツイート 11:40

③そこで桶を発注し用意する時間であるが、12日の夜、群馬県藤岡市のある葬儀店に地元の警察から「突然のことだけど桶はどれくらい用意できるか」といった電話があったという。この電話の疑問点は12日夜という時間と、最初から藤岡市の葬儀店に依頼している点である。  ~『日航機墜落事故…』 . pic.twitter.com/X5y4zgn0oZ

Twitter明日の世界 🍁非左非右🍁@hotaru123d

返信 リツイート 11:30

返信先:@zidaiokure_21th 私の曽祖母は昭和19年の東京で亡くなっていますが、のための木材も手に入らず、祖父が営んでいた店のカウンターを持ち込んでと仏壇を作ってもらい、役所勤めの親戚に米を調達してもらって葬儀を出したと聞いています。 その頃には、一般には色々手に入らない時代のようです。

『未だに夢に見るんだ。牧師さんの葬儀だよ。あんまり考えたくないけど…惨い最期だったんだろうな。あんな桶に収まるほどしか残らなかったなんて酷すぎる…』

Twitter03 孤児母ラトリア(一次創作bot)@Amberoid_03

返信 リツイート 9:09

おはようございます😃 ウトウトしつつも義母のと一夜を明かしました。 今日は葬儀〜火葬〜精進落とし〜お骨上げ〜初七日〜後飾り、寝てない身体で予定満載です。 持病のある夫の身体を労わりつつ、笑顔と感謝で過ごします。 #ひとこと朝宣言

@taitouka_TL もし万が一、初嶌が死ぬ時は遺体はもちろん遺留品も何も残さずにいなくなってほしい。初嶌式なんて奴は本当にいたのかなって、空っぽので合同葬儀をあげてくれ。

空気が読めない人の例は多々あるけど「ビートたけしの母の葬儀にピンクのスーツで参列して桶の遺体の写真を無断で何枚も撮影しまくり、激昂したたけしに追い出されてる間も笑い続けて撮影し、後日その写真をテレホンカードにして送ってきた林家ペー&パー子」を超える無敵超人がいたら教えて下さい。

Twitter面白つぶやき100連発_bot@byond4

返信 リツイート 2:18