葬儀に関する情報が満載!

葬儀の正しいお別れ方法

葬儀が終わると祭壇から棺をおろして遺族や親族は故人と最期のお別れをしますが、焼香が終わればそのまま退出することも出棺まで立ち会うこともできます。
祭壇に飾られた生花を故人の周りに飾るように皆で柩に入れますがこれを「お別れ花」と言います。
自分で入れたい花も入れられますがその際は華美な包装にならないようにしましょう。
この時お花と一緒に故人の愛用品(燃えやすいもの)なども柩に入れお別れが終わったら柩のふたを閉じて出棺の後火葬場へお連れします。

葬儀の出棺について

葬儀の出棺について 葬儀後は棺は重量があるので近親者や葬儀社担当者数人で霊柩車まで運びますが、基本的に喪主や遺族は棺を運ばないようになっています。
また運び出す時も車に乗せる時も、どちらも足が先に来るようにしますが、これは故人が家に帰らないようにするためです。
そして霊柩車には喪主か遺族1~2名が同乗し、長いクラクションとともに火葬場へ出発、遺族・近親者も霊柩車の後をついて火葬場に向かいます。
これが出棺です。
出棺の際は喪主が位牌を、喪主の次に近い親族が遺影を持つのが一般的で、一般参列者は合掌してお見送りします。
出棺して祭壇を片づけた後は火葬場から戻ってくる人たちのためにお清めの塩や水が用意されます。
火葬が終わるまでの間は軽食や会食が行われます。

葬儀の中の難しいポイント、納棺の流れ

葬儀の中の難しいポイント、納棺の流れ 亡くなった人の遺体は、通夜がはじまるまでの期間は枕飾り程度の祭壇を霊前に供えて自宅に安置しておくのが普通ですが、その後は葬儀の準備として納棺を済ませておく必要があります。
その流れですが、まずは葬儀社のスタッフが遺体をきれいに整えて化粧や装束をほどこした後、菩提寺から僧侶を呼んで枕経とよばれる簡単なお経を上げてもらいます。
そして僧侶が立ち会いのもと、亡くなった人の近親者が遺体を棺に移して最後のお別れをします。
自宅葬の場合はそのままですが、セレモニーホールなど葬儀の式場を自宅とは別に用意している場合には、ここから寝台車などで式場まで移送することになります。
ここで注意しなければならないのは、一連の準備には時間がかかりますので、通夜がはじまる時刻を見据えてある、程度の余裕をもって行うことが必要な点です。
また納棺に立ち会うのは基本的には家族や親戚などの近親者ですが、それ以外の人が参列してよいのかどうかも難しい問題といえます。
特に遺族から拒絶の申し出がなく、亡くなった人とはある程度親しい間柄であれば可能というのが一般的な解釈です。
また納棺にあたって故人が愛用していた品々を入れることがありますが、これも金属類など火葬の際に不適切とされているものは除かなければならないことにも気を付ける必要があります。

葬儀関連リンク

東京都の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

東京都対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

新着情報

◎2018/5/1

ペースメーカーの処理
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬儀 棺」
に関連するツイート
Twitter

遺体のない空っぽの葬儀を行うシーンから始まるんだけども少年が『そこに父さんはいないのに』ってひとり参列をせず車からその様子をぼんやり眺めているのね。その後忍び込んだ父の部屋である鍵を見つけて『これはきっと父さんが僕に残した最後のメッセージだ』って信じて鍵の持ち主を探すお話。

Twitter itokuzudama 【よく喋る壁】

返信 リツイート 46分前

ばあちゃんの葬儀から帰ってきた。に入れる時は涙が溢れたけど、なんだか実感がない。帰省すればまた普通におかえりって出迎えてくれそうな気がする。最期は病院で息を引き取ったけど、それまで側に居た家族にありがとう。俺は離れて暮らしているから。家族の死って初めての経験なんだよな。

Twitter shoyan_ZUCCkies しょうやん

返信 リツイート 11:37

儀式を行うのは赤い地の荒野のような砂漠のようなイメージ。トラオレもそこに置いて行かれる。少々の遺品を埋めた上に遺体を横たえて花で少し飾るのが葬儀の作法。自然に還れるようにはない、吹きさらし。そのうち動物の餌になったりして自然に還るよってイメージ。鳥葬では…ないか…

返信先:@0rangelib @teratti0306 教祖、桶屋葬儀屋、ノストラ ひたすらに高位陣営のイメージ。 最後の最後に「ああっ…!」てなる役職で勝ちを狙いに行けるひと

Twitter 0rangelib はる@村なし村

返信 リツイート 10:22

おじいちゃんの葬儀に参列したら突然の蓋が開いておじいちゃんが生き返った夢を見た・・・まさかうちのお父さん生き返るのか・・・?

Twitter kurimitai ‍ずっきー

返信 リツイート 9:52

RT @Zebraquestion: 葬儀の時、告別式の時、泣くのが家族の姿の全てではないと思うのです。葬儀の準備はもう時間との勝負で、故人しか解らないことも多々あり、桶に納めるものを探したり、親族に連絡したり、弔問に来てくれた方々の対応で泣いてる時間はないのです。全部済んだ…

Twitter monoheart1 ねころび八起き遊猫_( _`Δ、)_🌹

返信 リツイート 7:30

From flat-pack coffins to water cremation: how to have an eco-friendly death. 平箱のから水の焼却まで:環境にやさしい死の方法。 葬儀業界は、彼らの死の遺骨を環境にやさしい方法で扱いたい人が増えていることに応える。このはCO2ニュートラルののデザインで受賞 theguardian.com/world/2018/apr…

Twitter ifc_takai Shigeaki Takai

返信 リツイート 1:06

薫:伊代真様の葬儀が終わった。皆に慕われていたお方だったので、の中には伊代真様が好きだったものを入れる者が多かった。だからといって蟹まるごとはよせ。パイナップルまるごともやめろ。誰だ!スペアリブを大量に入れたのは!火葬場の者が困惑してたぞ!明らかに骨が多い!

Twitter Lenen_Mugenri れんえんコピペbot

返信 リツイート 昨日 22:09

加工(葬儀)、梱包(桶)、配送(火葬)

Twitter Tentacle_boar 腐れ谷のぼたん

返信 リツイート1 昨日 21:31

ブラームスさんよぅ(^^; クララさんの危篤の報を受けて汽車に飛び乗ったら、 間違って各駅停車で遠回りになって葬儀に立ち会えず、 墓に埋葬されるしか見れてない って… あんたどんだけ不器用なの?(^^; あれか、三大BのBは不器用のBか、コノヤロウ

Twitter deux_pour やまさん-Sonata-

返信 リツイート 昨日 20:57